ブーログ › 高中 朋友 › 

話題

2017年02月11日 09:10  カテゴリ:話題

花と遊ぶ

第20回とよたレディースフォトクラブ 国際交流写真展 続きです

寒い季節にこんなにして飾ると楽しい! 

画像は加工して圧縮したもので、クリックすると拡大されます





10~12日(日)10:00〜18:00
市民ギャラリー 豊田市西町5丁目5番地(VITS豊田タウン地下1階)

  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2017年02月10日 20:23  カテゴリ:話題

国際交流写真展

第20回とよたレディースフォトクラブ 国際交流写真展から
開催は10~12日(日)10:00〜18:00
市民ギャラリー 豊田市西町5丁目5番地(VITS豊田タウン地下1階)

国際の名は仁川の方達との交流展であり
普通の手法とはやや趣を変えて、明るく楽しく

次のように花の画像を積み重ねて 


元画像は20MBのRAWですから、加工して圧縮したもので、クリックすると拡大されます


<撮影データ>
Canon PowerShot G7 X
絞り優先 AE
シャッター速度1/60
絞り数値2.8
ISO感度640
手ブレ補正入  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2017年02月01日 19:46  カテゴリ:話題

日展

超多忙の日々を抱えて、それでも出かけなくてはと日程を工面して
本日、愛知件美術館へ訪れることが出来ました
それでも、早朝からあたふたとしていたことからモーニングタイムは現地で
美術館受付脇の階段を上がり・・・


時間の都合でゴッホとゴーギャン展はパスすることに・・・(..;)


前年6月に豊田市美術館で開催された画像をパソコン鑑賞することで割愛


  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2017年01月25日 12:48  カテゴリ:話題

デジカメ vs スマホ

あなたはデジカメorスマホのどちらで写真を撮りますか?
自分は銀塩(フィルム)だからと、おっしゃる方が5%近くみえますが、博物館行きか化石ですし、写真は撮らないとおっしゃる方が16%もありますので、そのどちらも設問の対象外です。
 
当然のことですがブーログ投稿者はさてどちらに?

また、画像利用で①ブログにアップする方は全体の7%・・・さみちーぃ
それに比べて②話題のツィッターとフェイスブックに投稿されるのはトータルで23%。
これも時の経過とともに変化しそうですね。
ブーログ投稿者の中には①②ともに投稿されてみえる方もチラホラ・・・私を含めて
 

消費財流通の「プラネット」に掲載されていたニュースから
一画面だけですから、全体表示をするには元記事を参照なさって下さい。



画像は元記事にリンクしています。  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2017年01月23日 17:07  カテゴリ:話題

トランプ大統領 ツイッター

大統領をツイッターで検索すると本来はDonald J. Trumpなのですが
Donaldだけでも容易ににヒットします。

私には目つきは鋭く利発性のように見えます。

(画像はリンクさせてあります)

デモに対しては次のように寛容な語句でまとめていますが、心の内は判りませんね。

Peaceful protests are a hallmark of our democracy. Even if I don't always agree, I recognize the rights of people to express their views.
(平和的な抗議デモは、民主主義活動であることは当然です。私が賛成しない時でも、自分の意見を述べたい人々の権利を認めます。)  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2017年01月17日 19:42  カテゴリ:話題

やまちゃん

トヨタのやまちゃん 
全国を股にかけて写真撮影に飛び回る「やまちゃん」の所属する写真サークルの作品展から

その1

その2 

 
案内看板


やまちゃんブログは画像データ量が多いのでネット環境の細い方にはリンク読み込みに時間がかかります
この投稿はコンデジですから描写の甘い点はご容赦の程・・・m(_ _)m

日本には「世界の山ちゃん」もございます!
  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2017年01月11日 19:57  カテゴリ:話題

愛と死を見つめて

吉永小百合さんの音楽CDの中に「愛と死のテーマ」が収録されているが
映画「愛と死を見つめて」の主題歌として作曲され、青山和子さんが歌う「愛と死を見つめて」とは別に歩んでいる
今夕はそれを聴きながら、当時のベストセラーとヒット曲を想い出しながら・・・



「愛と死を見つめて」は難病に冒されていたミコ(大島みち子さん)と、マコ(河野実さん)が文通純愛を綴ったベストセラー書籍の題名
吉永小百合さん主演で映画化と同時に「愛と死のテーマ」が。

河野実(こうのまこと)さん
長野県の高校を卒業後に中央大学、写真専門学校で学ぶ。
カメラマン→車雑誌記者→雑誌「経済界」副社長
マコ インターナショナルを設立し国内外で経営コンサルタント業務に携わる  


Posted by 朋友 │コメント(1)

2017年01月02日 20:03  カテゴリ:話題

ニアミス

今夕は月と金星が大接近
金星は左下に小さく写っています


月を切り取り拡大した画像


でもニアミスではありません
地球から月までの距離は約384,400kmで光が届くのに1.3秒かかります
地球から金星までの距離は一定では無くて、約42,000,000km~150,000,000km
∴二つの星の距離は地球から月よりももっと離れています

<補足>
光は1秒間に300,000km 届きます
地球の周囲が40,000kmですから、光は1秒間に7.5回も廻ります
 
毎年、月は地球から3cmずつ離れていきますが、上の計算では誤差の範囲です  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年12月22日 20:16  カテゴリ:話題

マイナンバー

マイナンバー制度は別名「国民総背番号制」と呼ばれ、全国民に個別管理番号をつけ、社会保障・税金管理などを円滑にするための制度。
これは住所変更や結婚などに関係無く、生まれたときから終生変更されることはない。
 
車にはそれとは別に希望ナンバー制度があり4桁の数字が選べます。(ただし費用が発生します)
希望ナンバーには抽選対象希望番号と一般希望番号とがあり、抽選対象希望番号とは人気が高く欠乏しやすい777や1122(良い夫婦)等は抽選で取得できる番号で、以外を一般とします。
 
4代目のターボ車でハスラーのXターボ
1~3代目まではワゴンRターボでしたが、安全機能が付加されましたので車検時期を待たずに急遽買い換えました。
運転者は二人ですが 「視界良好でこれまでの車より運転しやすい」の評価です。
 


デュアルカメラブレーキサポートは~100Kmまでの車速で危険察知ブレーキが動作する。
もちろん歩行者も認識して急発進や後退にも誤発進防止機能が。
しかも車線ラインからふらつき警告も。
 
But うるさいことに信号待ちなどで先行車が発進して4m以上離れるとブザーが鳴る
これは 若人には要らんお世話のような気がしている・・・が  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年12月21日 20:10  カテゴリ:話題

暮らしの手帖

暮らしの手帖は昭和21年に創刊された家庭向けの総合雑誌で
広告を載せないことで記事の信用性が高かった。
これを、とある蕎麦屋さんで見かけたものだから、ずいぶん懐かしく感じた次第。
実は40年ほど前には愛読書としていたが、他の雑誌やネットの普及で遠ざかっていたものだから・・
NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は、その創業軌跡をモデルとしたフィクション作品。


今日は冬至でしたから、蕎麦屋さんでも天麩羅と煮物にカボチャが
お店はタカジャ(グリーンシティ)北側のすもも

  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年12月17日 17:20  カテゴリ:話題

高校生の写真展

第29回西三河高校生の写真展
市民ギャラリー
12/18 (日) 10:00〜16:00

奨励賞作品 その1 夕日 鈴木さん


奨励賞作品 その2 うまそうだろ 松本さん


コンデジ撮影にて描写の甘い点 また光沢紙にて光の反射の映り込みはご容赦!
 
係の方に撮影投稿の許可を頂いてます
  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年12月17日 09:10  カテゴリ:話題

ライブペイント

フォレスタヒルズに展示してあった作品



軽快なタッチに見入りました
文字の筆遣いに愛ちゃんを思いだしながら・・・

  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年12月03日 17:03  カテゴリ:話題

歳末チャリティ作品展

第27回歳末チャリティ作品展が市民ギャラリーで開催されています。



オークションは4日の16時まで現地で受け付け
最低金額はいずれも¥1,000以上で、収益金は被災地へ・・・
日展会友の方の作品も見られます
 
陶器や革製品などの小物作品は価格表示されていますので早い方から

オークション作品から
その1

その2

 
  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年12月02日 20:02  カテゴリ:話題

九州物産展へ

松坂屋豊田店で開催されている九州物産展
お金は無いけど暇だけはタップリある身としては
どこへ出かけるあてもなくフラフラと
暇人の花金ですから美味しい物を頂きましょう 
(花金とは何の関係もありませんね)
これで昼食が完了するのですから簡単至極
さて、明日の予定は?

  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年11月23日 19:37  カテゴリ:話題

TOYOTA DESIGNERS

TOYOTA DESIGNERS 絵画展 2016 会場で

花の小品数の中から花好きの私が選んだ子


次の元画像からピックアップしました


同じ作者の作品

 
作者は中嶌さん

会場受付の女性にブログ投稿目的で撮影許可を得てあります。
コンデジ撮影にて描写が緩いので・・・m(_ _)m

  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年11月22日 11:54  カテゴリ:話題

第54回 豊田市民美術展

食欲の秋 いえ、美術の秋

第54回 豊田市民美術展 ~11月27日(日)
 


天高く馬肥ゆる秋 中国の諺
 
秋になるとまるまる太った馬に乗って略奪者が攻めてくるから気をつけよう
  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年11月20日 12:42  カテゴリ:話題

古瀬間城址公園

高橋コニュニティに展示されていた作品(アクリル・カンヴァス)

<古瀬間城址>
所在地 豊田市志賀町字城山
浄願寺の裏山(公園)
本丸跡、二の丸跡、櫓台跡、腰曲輪、空堀
古瀬間城は、高橋荘攻略の拠点として室町期の永正3年(1506)に長沢松平家の松平弥三郎宗忠が築城したと云われている。
野見町に所在する丸根城とともに松平一族の西方の重要な拠点と云える。
昭和57年には見張櫓か再現されて 、地区を眺望できるようになった。


 
作者 荒井 美智子さん


  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年11月18日 08:55  カテゴリ:話題

野見神社

高橋コニュニティに展示されていた作品(油絵・カンヴァス)
参河國賀茂郡 野見神社  祭祀 野見宿禰(のみのすくね)
そこの奉納相撲の様子


絵の作者 鈴木文雄さん



<野見宿禰 を祀る神社 一覧>
野見神社愛知県豊田市野見山町4-21
土師神社群馬県藤岡市本郷164
法庭神社兵庫県美方郡香美町香住区下浜
防府天満宮山口県防府市松崎町14-1
太宰府天満宮 境内 野見宿禰社福岡県太宰府市宰府4-7-1
北野天満宮 境内 野見宿祢神社京都府京都市上京区馬喰町
富岡八幡宮 境内 野見宿禰社東京都江東区富岡1-20-3
能義神社 境内 野美神社島根県安来市能義町366
相撲神社奈良県桜井市穴師

  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年11月15日 16:48  カテゴリ:話題

車に目がついた

12日の新聞に大きく載った記事
83歳運転、2人死亡 駐車場、精算前に急発進か



統計によるとブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いによる人身事故は、2013年に6,448件発生し、うち死者は54人
高齢者や運転が下手なドライバーが起こすものと思いがちだが、その年代割合は
20歳代22% 70歳代17% 60歳代15%
30歳代・40歳代・50歳代・80歳代がそれぞれ10%前後
20歳代が最多であり、どの世代にも大きな偏りはなく、不注意で誰にでも起こりうる事故であることが指摘されている

車に目がついた
画像は車の目をそのまま撮ったものです


二十歳の私ですが、眼鏡の度数を変えても「お客さん、これ以上の矯正は無理ですね」となってしまう
目の中はに蚊が飛んでおり目薬をつけてもこすっても消えることは無い
そのうえ、綺麗に白い隈取りも付けてもらったが、これはない方が見やすいからいらない
でも、付けたのを取る方法は限られている イタタタタッ!

上の画像は次の車の赤い矢印部を拡大したもので
目に見えるのは2つのカメラ
このカメラで衝突を回避することや、被害を少なくすることができることも
駐車場での急発進制御はもちろんのこと
時速100KM以下で走行中に前方との衝突の危険性があると
ブザー警報がなったり、自動ブレーキがかかる場合も


私の結論は現在の車からの「買い換え購入」するしかないに至りそう



(事故データはウィキペディアから)  


Posted by 朋友 │コメント(0)

2016年11月11日 20:13  カテゴリ:話題

友禅

素描友禅のタペストリーです。
絵は見るだけが楽しみの素人で、布地に描くことができるのが不思議なぐらい
早い話が私には想像できない世界

作者は三沢名保美さん



しかも こんなに細かく描けること
並べてある器から大きさを比較すると判ります
日々うつわ展で





綺麗なものは綺麗だから  


Posted by 朋友 │コメント(0)